出会い系講座 女性とのコミュニケーション 男磨き

愛液の全て〜彼女のあそこを濡れやすくする方法〜


セックスする時に彼女が濡れない…。
そんなカサカサのあそこに挿れても気持ちいいわけはない....

彼女がトロトロな愛液(ラブジュース)をあそこから流れ出すのを見ているだけで興奮しませんか?

そんな愛液が溢れたあそこに挿入をしたら、市販されているローションでオナニーをするよりも何倍も気持ちが良い事は間違いありません。

今回は愛液についての詳しい解説や濡れづらい彼女をビッショビショなあそこに改造する方法を案内していきたいと思います。

愛液とは?

愛液(ラブジュース・膣液)とは、正式名称を膣分泌液。

女性の膣壁から分泌される無色透明で粘性のある液体です。
日常でも毎日一定量が分泌され膣の粘膜を湿潤に保ち、膣の自浄作用、性交時の潤滑剤の役割を担っています。

平常時に分泌され膣口から排出される膣分泌液はおりものと呼ばれます。愛液の量や粘度は個体差があり、人それぞれです。

愛液の成分

膣分泌液の主成分は血漿だとされ、水分、ピリジン、スクワレン、尿素、酢酸、乳酸、アルコール、グリコール、ケトン、アルデヒドを含んでいます。

液は通常透明で、 粘度、手ざわり、色、においについては、性的興奮、食事などで変化します。

愛液が出る仕組み

女性は自分自身で愛液を出す事をコントロール出来ません。

セックスやオナニーをする時にキスや愛撫の性的興奮や妄想の刺激により、愛液が膣口から出てきます。
膣口は子宮と繋がっているので、男性が射精した精液をスムーズに子宮に送り届ける役割を果たしています。

愛液が少ないとどうなる?

愛液は精液を子膣から子宮に届ける為にも必要ですが、セックスをする際に、男性器をインサートする上でもセックスをしている最中でも膣の中が行き来する男性器を優しく滑らかに受け入れるためにも必要です。

愛液が出ない(少ない)状態でセックスを無理やり続けると、女性器や膣の中が傷ついてしまい出血してしまう事もあります。

愛液はセックスの時に必要な潤滑油のようなものと考えてください。

愛液の不思議

愛液は性的刺激や興奮、刺激、妄想をした時にだけ出るのではなく、無理やりレイプ等をされた時にも分泌される場合があります。
女性が危機的状況に陥った時に愛液が分泌される事は有名な話です。

これは女性が自分の身を守る為に動物的な本能や心理が働いている事が原因であると考えうるのです。

よく男性が女性に対して大して前戯をする事なく、膣口が濡れてもいないのにインサートをしても、暫く前後運動を繰り返していると濡れてくるのを、自分の男性器を挿れる事で女性が感じて愛液が出ていると勘違いしてしまう事があります。

セックスをする時は女性が十分に濡れるのを確認してから挿入をしましょう。

白い愛液達

「彼女の体調がよくない?」「彼女が感じているから?」「性病?」
彼女の愛液を見た時に普段は無色透明な愛液が白くなっている時がありませんか?

この白い愛液は愛撫している時は激しく泡立ててしまったり、挿入してから激しくピストンをしてしまったりを行った場合がほとんどです。

濡れているが愛液に違和感がある

前戯を始めようと思うとすでに彼女のあそこはパンツの上からも分かる程にビショビショ。

自分の雰囲気作りがうまかったのか? 彼女をいやらしい気持ちでいっぱいにしたからなのか?

そう思い自己陶酔していませんか?

愛液は興奮度が高まった時等に分泌されるとご説明してきましたが、女性器からはもう一つ日常でも分泌されている液体があります。
それは「オリモノ」です。
「下り物」とも呼ばれます。このオリモノは病気や体調不良で匂いや味や色が変化します。
正常なおりものの色は透明か乳白色です。 クリーム色をしていることもあります。
透明や乳白色のおりものでも、下着について乾燥してしまうと黄色やパールホワイトのような色に変わります。

粘度があり、臭いや味に変化があるという点では愛液と同じなのですが、性的興奮で濡れているわけでもありませんし、
ましてや性病等の病気の可能性があるので勘違いしたり、大量に濡れているからと大喜びしたりしない方がよいでしょう。

濡れづらい体質

女性の中には元々濡れづらい体質の人がいる事も事実です。しかし、全く濡れない状況は避けたいもの。どのように解決していくかは後ほど。

女性の中には自分が濡れづらい体質だという事を自分自身で理解して、男性とセックスをする場合に、事前に指に粘度の高いローションを自分で膣口の奥に塗り付けたり、まるでリップを塗るかのように大陰唇に軽く塗っておいたりという対策をしている女性もいます。
セックスの時にローションを使うのも1つの方法ではありますが、出来たら女性自身の自力で濡らしてもらいたいものですよね。

愛液がどうしても足りない場合のおすすめのローション
商品名がすごい!w

メーカー価格:1,100円(税込)
エムズ価格:605円(税込)

濡れる方法

①精神集中

よく男性は部屋を明るくしてセックスをしたがりますが、女性からしてみれば恥ずかしくて、中々セックスに集中する事ができません。

男性は部屋を暗くしてあげたり、アイマスクをしてあげたりしてセックスへの集中を女性にさせてあげましょう。
例えば、セックスをする時に落ち着いた音楽を流してみたり、女性の中には無音(音楽なし)の場合のほうが集中出来る場合もあったりするので音楽については二人で話し合って彼女が一番集中出来るのかを探っていくといいと思います。

②ヨガ

ヨガといえば健康や美容に対して様々な効果がありますが、ヨガはセックスにも大きな効果を期待できるのです。
ヨガを始めることで、これまでとは違ったセックスを楽しめるようになるでしょう。
それと同時にヨガというのは本来宗教に似ていて、瞑想をして集中するために行われるものです。体の緊張を緩めてリラックスした状態になることで、セックスに集中する事が出来て男性からの愛撫を素直に受け止める事が出来るようになります。

余計な雑念を捨てて自分の体に起きている性的刺激を今までの何倍も感じる事が出来るようになり、濡れづらかった体質も変化していく事でしょう。
余談ですがヨガをする事により柔軟性がついて色々な体位をする事が出来るようになったり、膣トレにもなったりする事についてはいずれお話していきたいと思います。

③冷え性克服

愛液が分泌する仕組みは性器周辺の血管が拡張することによって分泌されます。
血管の拡張は体温や体の部位の温度が高いと行われるため、冷え性の女性は濡れづらいという事になります。
冷え性は運動不足、冷たい飲み物の飲み過ぎ、冷房に当たり過ぎなどが原因となります。冷え性を改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

冷え性克服法 1. ウォーキング


ウォーキング等の全身有酸素運動を行うと良いでしょう。
ウォーキングは血流改善や基礎代謝の上昇を促します。毎日20分~30分のウォーキングを習慣化させる事で冷え性が改善されます。

冷え性克服法 2. 全身入浴

全身入浴する事により血流を良くして毛細血管まで血を巡らすのが良いでしょう。
しかし、長時間の入浴は厳禁です。
長時間の入浴や半身浴は入浴による発汗で体を冷やしてしまうからです。
理想的な入浴は40度~42度のお湯に首までしっかりと浸かって約5分。全身入浴をしながら軽いストレッチや指先やリンパのマッサージをします。
バスタブから出て、シャンプーや体を洗った後も最低3分は全身入浴をして体を温めましょう。

④水分補給

愛液はスバリ水分で出来ています。『水分をとらずして愛液はならず』
昔のダイエット方法で水分をボクサーが減量をするように摂らないようにするなど、もっての他です。水分が不足すると愛液の分泌を妨げてしまう事になります。
水分補給をしないと汗が出なくなるのと同じで愛液も出なくなります。
愛液を出すには、水分を十分に補給して、日頃から血流を良くして健康的な生活を送るのが大切です。体の事を考えて冷たい水ではなく、ノンカフェインの温かいお茶、出来たら健康茶を飲む事を、お勧めします。
人は一日に必要な水分は2~3リットルと言われています。その最低量は飲むようにしましょう。
ただし、塩分が多く含まれる食べ物や飲み物は体に水分を閉じ込めようと作用する為に愛液の分泌を妨げてしまうので注意が必要です。

⑤興奮倍増

同じ彼と長く付き合う間に段々と濡れづらくなる事があります。
これは男性のプレイが単調で馴れ合いのセックスになり、単調な仕事のようなセックスになってしまった場合に陥る事があります。
もしかすると、付き合い始めた時のような興奮度が足りないのかもしれません。興奮度はいやらしい事だけではなく、セックスをする前の会話などで緊張がほどけてエッチな気分が高まります。興奮度が高まるようなシチュエーションを作る必要もあります。
例えば、アダルトビデオを一緒に見たり、いつもとは違う愛撫を女性にしたり、テーマに沿ってイメージプレイをしてみたり。
倦怠期を迎えたカップルや夫婦になると濡れづらくなる原因の1つなので、アイデアや雰囲気のあるセックスで彼女を濡らしてあげましょう。

⑥テクニック

世の男性はアダルトビデオの見過ぎで、女性にフェラチオばかりさせたり、フェラチオのテクニックに文句を言ったり、女性にはただ激しい雑な手マンを少しするだけで、大して女性が濡れていない状態で挿入をしますが、これが原因という事はありませんか?
原則的に女性の性器はもちろん、全身を優しく愛撫をしなくてはいけません。
また、男性はパートナーの性感帯を日々研究して把握、実践しなくてはいけません。
女性にはテクニックを求めて、自分の女性に対するテクニックをないがしろにして、女性が濡れるはずがありません。

じっくりと見つめあい、甘い言葉をささやいて、優しく愛撫をしてあげてください。そうすれば経験をした事もないような彼女が濡れる姿を見られる事でしょう。

⑦愛がすべて

愛がなくして、女性が濡れる事はありません。彼女とのセックスを何年もしていて、最近はセックスをしても濡れない事はありませんか?
もしかすると、彼女にはすでに彼氏を愛する気持ちが無くなっているのかもしれません。
愛されなくなった理由がきっとあるはずです。
彼女に対して身勝手だったり、彼女を雑に扱ったり、話を聞いてあげなかったり、優しくしてあげなかったり。
もし気持ちいいセックスをしたいのならば、それらを改善しなくてはなりません。

そうかと言って彼女が濡れなくなったからといって、「おまえ、もう俺を愛していないのか!?」とブチ切れるのは論外です。
彼女の体調や繊細、環境や気持ちがある事を理解してあげてこそ、『出来る男』『女を濡らす男』になれるのです。
彼女が濡れないから別れるなんて言ったら絶対にダメですよ!!

⑧彼女に浮気させない

実は自分の彼女が浮気をしているというケース。
彼氏のテクニックを遥かに上回るプレイをしているせいで、彼氏のテクニックでは感じなくなっている場合があります。悲しいかなこれが現実なのかもしれません。

チンコは大きくするには整形するしかありませんが、フィンガーテクニックや舌のテクニックは磨く事は出来ます。
でも、彼女の体も心も一度離れてしまったら戻す事は難しいかもしれません。大切な時間を彼女と過ごすくらいならば、直接浮気をしているかを聞くのもよいかもしれません。

変態女であるならば、浮気をごまかす為に大して感じてもいないのに感じたふりをしたり、浮気している男に調教されたりして感度が高くなってしまう事もあります。
でもこれは稀です。

『彼女に浮気されたら濡れなくなる』これが現実でしょう。

⑨オナニー


オナニーする女性はをするのは56.6%
※日本家族計画協会家族計画研究センター調査


半分以上の女性がオナニーをしています。
女性のオナニーに関する記事はコチラ

女性はセックスで感じるオーガズムは『安心感』『リラックス』『幸福感』ですが、女性のオナニーでは『ストレス発散』『疲労感緩和』『自律神経の安定』を得られる事が出来ます。
また、自分の性器に触れる事で自分の感じる場所を発見出来て、性感を開拓する事も出来ます。

その感じるポイントを彼氏にマッサージしてもらう事で濡れる事が出来るようになります。
彼氏任せにセックスをするのではなく、女性もセックスに参加をして受け身ではなくなるのが良いです。

しかし、現実では女性が自分の体で感じる部分を男性にアピールする事は恥ずかしいのです。

中々出来ないので、男性からしつこくない程度に「ここは感じる?」「どうしたら感じる?」「もう少し強くした方がいい?」と女性に聞いてあげて二人で研究開発をしていく事で濡れるようになっていきます。
その方がセックスも楽しいというものです。

⑩食生活

愛もある、テクニックも研究した、彼女の冷え性もよくなった。
彼女はオナニーの時は濡れるらしいのだけど、自分とのセックスでは…濡れない…
女泣かせの先輩や様々な友人にもどうしたらよいのかも聞いた。
全く改善しない…
そんな絶望的な気持ちになっていませんか?
そんな時は『濡れる体質改善が出来る食品接種』をしてみませんか?

結論から言うと彼女にこれを食べてもらうと効果てきめん間違いなしです。

濡れるための食材

ネバネバしたもの 『納豆』『めかぶ』『もずく』

乳製品 『豆腐』『ヨーグルト』

野菜 『アボカド』『キャベツ』

魚 『サバの水煮』『イワシ』『サーモン』

肉類 『牛ヒレ肉』『鶏ササミ』

果物 『リンゴ』『ぶどう』

その他『アーモンド』『ガリ』『きな粉』

納豆、めかぶ、もずくはネバネバしているからネバネバの愛液が出るだけではありません。

ここには大切な栄養成分が含まれているまのでその栄養素の効果で愛液が量産されるのです。
愛液を増やす栄養素として以下があります。

愛液を増やす栄養素

イソフラボン
女性ホルモンと似た働きをする成分。多く含む大豆製品。女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ている。
【代表的な食べ物 納豆・大豆・きな粉・豆乳・おから・味噌】

ビタミンB6
女性ホルモンの生成や代謝に働きかけ、ホルモンバランスを整える。
【代表的な食べ物 バナナ・かつお・まぐろ(赤身)・豚ヒレ・鶏レバー・玄米・牛乳・アーモンド・アサリ・牡蠣・焼きのり】

ビタミンE
女性ホルモンのバランスを整える。
【代表的な食べ物 ピーナッツ・アーモンド・アボカド・たらこ・カボチャ・うなぎ】

タンパク質
女性ホルモンを作るメインの材料となる。動物性と植物性両方をバランスよく摂ることが大切。
【代表的な食べ物 鶏ササミ・油揚げ・きな粉・チーズ・ヨーグルト】

亜鉛 
女性ホルモンの分泌を活性化させる。
【代表的な食べ物 ワカメ・昆布・ごま・海苔・カニ・ブロッコリー・レバー・牡蠣・牛乳・蕎麦・煮干し・納豆】


上の栄養素を摂取するのも大切ですが、毎日適度な運動をするのも忘れてはいけません。
現代人に不足している野菜等に含まれている食物繊維も積極的に摂ってください。

毎日の食生活に生活習慣をキチンとしていなければ、濡れなくなりますし、皆さんの息子さんも勃起しなくなりますよ~。

まとめ

いかがでしたか?
愛液の事に詳しくなれたでしょうか?
この記事をご覧になって彼女さんの愛液が大量に出るようになる事を願っています。
意外と知られていない愛液の事をご理解していただけたと思います。
例え何歳になっても、例え更年期が訪れても、いつまで経っても女性は女性です。
かけがえのない女性を大切にして愛してあげてください。
もし彼女がいつか濡れなくなっても、自分が勃起しなくなっても、『愛』があればそんな障害を乗り越えていけると信じています。

『セックス』だけが全てではありませんが、『愛し合う二人』にとって『セックス』は大切な要素だと思います。

だからこそ、二人で出来る努力をして、パートナーを信じ、尊敬し、愛し合っていってください。


おすすめ記事

1

塾長が18年間通い続けるアダルトショップを紹介!多摩地区最大級の大人のデパート

luire 2

メルカリでも大人気のラブグッズ 現在メルカリでも売り切れで、注文が殺到しているLCラブコスメ オリジナル商品の潤滑ゼリー「リュイールホット」&「リュイールディープ」。 今回 ...

3

ちんこの平均サイズ 日本人の平均的なちんこのサイズは「13.56cm」(TENGA調べ) 意外と大きい。。 Mr.Pooh この数字を見て平均以下であった場合、自分はソチンだと絶望 ...

-出会い系講座, 女性とのコミュニケーション, 男磨き

© 2021 黄昏恋愛塾